リニューアル・改善

私たちは既存サービス・アプリの改善のために最適な改善方法をご提案します

「なぜか成果が出ない」「運用が回らない」などの漠然としたお悩みにも、経験豊富なメンバーが最適な改善方法をご提案します。
フルリニューアルから一部リニューアルまでお気軽にご相談ください。

FULL-RENEWAL

フルリニューアル

仕様からデザインまで、全てをリニューアルします。
フルリニューアルの際にはリニューアルの効果測定のためにも、まずは現サービスの現状分析+課題整理からはじめることをおすすめしています。
様々な手法を用いて現サービスの利用体験に関する調査を実施し、最適な改善方法をご提案いたします。

ENHANCE/IMPROVEMENT

アプリの拡張・改善

デザインや機能の部分的な改善を実施します。
アプリのどの部分が課題であるか明確な場合には、部分的なリニューアルや機能追加も効果的です。
また、「どこが問題なのかわからない」という場合でも、弊社の経験豊富なメンバーが課題発見や施策検討をお手伝いし、効果的な改善方法をご提案いたします。

改善の事例

新規アプリ制作はもちろん、
既存アプリの改善・リニューアルもお任せください。

CASE 01
イベント集客サービスのリニューアル

ご相談内容

  • 過去にリニューアルしたが上手くコンバージョンが上がらなかった。
  • サービスがターゲットユーザーに使われていない。
  • 施策を社内で検討したが、本当にそれで良いのか不安がある。

ご提案・実施内容

このお客様は初回ヒアリングの時点で、すでに具体的な施策を検討されていました。しかし「施策の内容が本当に正しいのか不安」とお話しされていたので、まずは現状分析を実施して現状を正しく把握することをご提案しました。
その結果、現状分析から見えてきた課題と、お客様が想定していた課題の間には大きな乖離があることがわかりました。また、ユーザーインタビューを実施したことで、課題を仮説ではなく生の声から集めることができました。これらのデータから施策を検討し、課題解決へとつなげています。

現状分析

  • アナリティクス解析
  • ユーザーインタビュー

課題抽出

  • 課題の抽出・整理

施策検討

  • アイデア出し
  • 施策検討・優先度付け

デザイン

  • UIデザインの刷新
  • 情報設計の見直し

CASE 02
検索系ポータルアプリのリニューアル

ご相談内容

  • 追加の機能、画面を作成して欲しい。
  • この機会にユーザビリティも改善したい。

ご提案・実施内容

既存アプリをエンハンスする場合、全体の構造への配慮を忘れてしまうと、ユーザビリティを大きく損なう危険があります。このお客様はリニューアル案としてワイヤーフレームをお持ちいただいたのですが、継ぎ足し継ぎ足しの設計になっていたため、階層が深く、ユーザー体験に悪影響を与える懸念がありました。 そこで、全体の構造を見直し、適切なエンハンス方法を検討するためエキスパートレビューを実施しました。合わせてレビュー結果では、既存アプリの問題点を指摘し、改善案をご提案しています。

課題抽出

  • エキスパートレビュー

改善提案

  • 具体的な改善方法のご提案

デザイン

  • UIデザインの刷新
  • 機能・画面拡張

CASE 03
人材サポートアプリのリニューアル

ご相談内容

  • 載せたい情報を全部載せたら見づらくなってしまった。
  • ユーザーから使い勝手が悪いという反応があった。
  • リニューアルしたいが、どんなデザインや機能がユーザーに好まれるかわからない。

ご提案・実施内容

「ユーザーが本当に必要としている情報がわからない」、「どんなデザインや機能がユーザーに好まれるかわからない」ということはよくあることです。そこで、私たちはターゲットユーザーにアプリの利用シーンやニーズのヒアリングを行い、その結果をもとに複数の施策を作成しました。さらに、その中から最適なものを選択するため、プロトタイプを作成してユーザーテストを実施しユーザーの反応を観察しています。様々なフィードバックを経て最終的にはサービス設計から見直し、”ユーザーにとって本当に価値あるアプリ制作”を目指しました。

現状分析

  • ユーザーインタビュー

施策検討

  • プロトタイプ作成
  • ユーザーテスト

施策改善

  • デザイン、プロトタイプの改善

デザイン

  • UIデザインの刷新
  • 情報設計の見直し

アプリ改善のソリューション

エキスパートレビュー

アプリ開発経験豊富なUI/UXデザイナー・エンジニアが、ユーザビリティなどの問題点がないかレビューを行います。ユーザー体験改善にインパクトが大きいと考えられるポイントを指摘し、その改善案を示します。

ユーザーインタビュー

ユーザーの思考やインサイトを深く知ることでユーザーが抱える課題やニーズを発見します。プロトタイプとセットで実施することでソリューションの仮説検証行い、アプリの改善施策としてフィードバックします。

ユーザーテスト

既存アプリの課題抽出のため既存アプリ、もしくはターゲットユーザーにプロトタイプをシナリオに沿って操作させ、ソリューションの適切性やユーザビリティを検証します。ユーザーテストを行うことで現状の課題を明確にすることができます。

UIデザイン

古くなったデザインのビジュアルを刷新や、追加拡張で複雑になりがちな画面構成などを情報設計からしっかり見直し、再設計します。身体的帰属を高めるためにインタラクションを含めた細部のユーザー体験にも配慮します。