RECRUIT

APP ENGINEER

2012年入社 東京工業大学 工学部機械知能システム学科卒

どうしてガラパゴスのエンジニアに?

自分は新しいモノが好きなのと、大学で機械工学を専攻してたこともあり、漠然とITの仕事がやりたいなと思ってました。
なんとなく自分には大企業は合わないなと思っていて、ベンチャー企業を探していました。
最初は営業職として面接を受けていて、何社かは内定ももらっていたんですが、なんか違うなと思い始めて・・・。
その当時って、アプリ作ったらそれが当たって瞬く間に有名なサービスなった!みたいな話がよくされていたような頃で、そういうのを聞いて、自分もアプリを作ってみたくなってプログラミングを本格的に始めたんです。
やりはじめるとプログラム書くのがすごく楽しくて、営業職としてもらっていた内定を辞退して、改めてエンジニアとして就職活動を再開することになったんです。
そんな時にガラパゴスと出会って、拾ってもらった感じですね。

ガラパゴスに入ったときの印象はどうだった?

僕が入社した当時は7割がエンジニアでした。
優秀なベテランエンジニアが数名在籍していて若手のエンジニアあんまりいなかったですね。
最初は上司の下について細かい簡単な仕事を振ってもらいました。
数十画面ある中の1画面だけを開発したりとか、一部分の機能だけ実装したりとか、上司によっては僕が書いたコード正しく直してくれたりする人もいれば、ちゃんとしたコードになるまで、何度もやり直させられたりとかしました。(笑)
そういった経験をたくさん積ませていただいて、1年ぐらいである案件のAndroidアプリの開発を一人で任せてもらえることになりました。

あなたの仕事(役割)ってどんなもの?

主にAndroidアプリの開発です。
具体的な内容としては、仕様書に書かれている内容をプログラムの処理に落としこんだり、デザイナーからやりたいことを聞き出して、デザイナーが思い描いてる動きや、レイアウトを実装することです。

後輩ができたので、gitを使ったコードレビューや、後輩からの質問に答えたりすることも自分の役割ですね。

今まで苦労した事はありますか?

自分が出した工数が合わない時ですね。
機能が抜け落ちてたり、開発でハマってしまったり。それで時間が足りなくなってしまった時ですね。検討が足りてないと感じますし、悔しい思いを何度もしました。

成長のためにやってることはある?

突発的な仕事が来た時に対応できるように、普段から技術の勉強は徹底してますね。
休日に本を読んだり、まだ使用したことのないライブラリーを使ってみたり、採用はされなかったけど、実案件から出たデザイナーの面白そうなアイディアを実際に挑戦してみたりしてますね。

やりがいを感じるときはどんなとき?

やっぱり苦労して作ったアプリが無事リリースされて、それをユーザーが使うことに喜びを感じますね。
求められてるクオリティに対してしっかり成果をだせば、技術が上達している証ですし、任せてもらえる仕事がどんどん増えていきます。こういった自分の成長を体感しやすいのもエンジニアならではだと思います

これからどんなことがしたい?

僕はAndroidエンジニアなので、Androidアプリの開発に関してはスペシャリストになりたいですね。
あとサーバーサイドの技術も付けて行きたいですね。
自分の出来る事の幅をどんどん広げて行きたいですね。

ガラパゴスのどんなところに魅力を感じますか?

3週間ほどお休みをいただいて、沖縄旅行にいったことがあります。
僕の上司が有給がたくさん余っているのだから何処かに行けば?と言ってくれて旅行へ行くことを勧めてくれたのがきっかけです。

旅行先で出会った人にも、3週間有給をとることを勧めてくれるなんていい会社だね、と言われました。
ガラパゴスでは社員の私生活に関してもしっかりと気遣ってくれる文化なので、改めて、いい会社だなぁと感じますね。

DIRECTOR

UX/UI DESIGNER

SERVER ENGINEER

APP ENGINEER

APP ENGINEER

TEST ENGINEER