RECRUIT

SERVER ENGINEER

2009年ガラパゴスを創業 東京大学大学院 情報理工学系研究科卒

あなたの仕事(役割)について教えてください

私は創業メンバーで取締役なこともあり、マネージメント的な役割が多くを占めています。

普段の仕事で特に意識しているのは、
組織として弱い部分(≒皆があまりやりたがらないこと)を積極的に埋めていくことです。

そして同時に、その役割をこなせる人材を育成することにも力をいれています。

技術面では社内に各方面のプロフェッショナルが揃ってきたこともあり、弱みを感じることは少なくなり、
最近は専らプロセス面での課題を解決すべく動いています。

開発全体がスムーズに行くよう、事前の準備をしたり、
アプリ開発をやる上で、サーバーサイドエンジニアとアプリエンジニア間の連結やコミュニケーションで難しい部分を繋げるような役をやっていますね。

エンジニアチームについて紹介してもらえますか?

ガラパゴスのエンジニアチームは、担当技術の分野別に、
Web(サーバーサイド)チーム、iOSチーム、Androidチームの3つのチームに分かれています。

チームによって多少カラーの違いはあるのですが、全チームで共通して取り組んでいる事があります。

配属されるチームは、本人の希望を第一に、スキルセットを考慮して決まります。

チーム間の移動も本人の希望があれば積極的に行っていますが、その際「本人のやる気」を非常に重視しています。

チームが担当技術の分野別に分かれていることは、開発効率の観点で最適化を繰り返した結果なのですが、 「サービスを作る」という観点においては、縦割りな組織になりすぎるのも課題なので、
今後は、よりサービス視点で動きやすい組織にもしていきたいと考えています。

チーム全体のレベルを上げる為にしていることはありますか?

エンジニア達には、挑戦してみたい技術に対して、だいたい3ヶ月ぐらいのスパンで適度な課題を与えています。
あとはチームごとの勉強会や、興味のあるテーマのもとに有志で開催されている勉強会もあります。
ガラパゴスのエンジニアは新しい技術に興味がある人が多くて、面白そうなこと、やってみたいことはなんでも試してみようよという雰囲気がありますね。最近(2016.5)では機械学習の勉強会が開催されていましたよ。

最低限のビジネスのラインを守れて、目的とマッチしていれば、業務にも新しい技術やツールを取り入れています。

昔は新しいモノを取り入れたり、仕組みを変えたりなどは、役員同士で考えたものが反映されていく形でしたが、今は社員たちが勝手に考えて、実行していく流れになっていますね。

どんな人とはたらきたい?

新しいモノをやる事に対して抵抗のない人ですね。
やっぱり、仕事はできるなら楽にするべきだし、取りいれた方がよいものは、取りいれたい。あとは、プロジェクトの両脇をみて仕事を出来て、色んな領域に挑戦出来る人ですね。

ガラパゴスへ入社するメリットは?

面接に来る方でよく話を聞くのは、
現職で与えられている仕事が部分的、限定的過ぎて、モヤモヤしてる人ですかね。
自分の仕事が最終的なエンドユーザーにどう影響してるのか、わからないまま開発をしていたり、パッケージに制限があって、メンテナンスとか保守的な仕事がメインだったり。

ガラパゴスでは、お客さんと直接やりとりも出来ますし、
技術領域の幅を広げたいと思ってる人には、とても良い環境です。
うちではプロダクトの全体を把握しなければ、そもそも仕事ができませんからね。

他にはエンジニアとしてのポートフォリオの選択肢を提供できることだと思います。
アプリ、人工知能、サーバーサイド。自分の意思でキャリアを選択できます。
大きな会社だと、どうしても人事的な問題で難しいこともあるので。
そういった意味では今はちょうどいい規模ですので、今がチャンスです!(笑)

少しずつ会社も成長して、大きくなり始めています。
たくさんのご応募お待ちしております。

DIRECTOR

UX/UI DESIGNER

SERVER ENGINEER

APP ENGINEER

APP ENGINEER

TEST ENGINEER