RECRUIT

DIRECTOR

2012年入社 東京学芸大学大学院 教育学研究科卒

どうしてガラパゴスに?

前職でモバイルコンテンツのディレクターをやっていたのですが、とあるスマホアプリのプロジェクトでガラパゴスと一緒にお仕事をする機会がありました。当時はスマホアプリ黎明期だったので、創業当初からスマホアプリに注力していたガラパゴスに魅力を感じていました。退職時の挨拶メールを送った際にディレクター職としてお声がけしてもらい、これは好機と感じ今に至ります。

入社した当時のガラパゴスの様子を教えてください

入社した当時はディレクタ一職が一人もいなくて、取締役の二人が営業兼・ディレクターみたいな形でやっていました。今となっては信じられませんが、当初は画面仕様書や検証項目書などはなく、クライアントからの機能一覧やRFPを元になんとかやっているって感じでしたね。当時は上流工程は担当せず、開発だけを請け負うような案件が多かったんですよ。今は企画や要件定義からガッツリ入る案件がほとんどなので、請負会社ではなく総合的な開発会社に変わってきましたね。

ガラパゴスの変化について

私以外にもディレクターが数名増え、上流工程を重視する文化が醸成されてきました。ディレクション業務は、各窓口業務、画面仕様書作成、プロジェクトマネジメントなど様々なのですが、特に画面仕様書などドキュメント類の作成には力を入れていて、しっかりかっちり定義し開発フェーズに渡す文化となっています。プロマネもバーンダウンチャートなど独自のツールを利用し、炎上のない安定した開発が出来るように進化しています。

また、テスターチームの組織化も大きな変化だと思います。入社当時からテスターはいましたが、ちゃんとしたチームにはなっていなかったんです。しばらくしてテスターチームが組織化されてから検証項目書や検証工程のプロセス化ができて、これによって企画〜要件定義〜仕様策定〜開発〜検証〜納品のワンストップなものづくりができるようになり、クオリティーの高いものが作れるようになりました。ワンストップな開発会社ってなかなか無いですよ、そういった意味でも国内屈指のアプリ開発会社だと思います。

これからどんなことがしたい?

ワイヤーフレームや仕様書作成のツール化をやってみたいです。例えばですけど、パーツを置いたら、そのパーツに対してどういう情報を定義しなきゃいけないのかが分かるような。自分の仕事をもっと楽に、クオリティ高くやる方法を考えています(笑)

どんな人とはたらきたい?

この3つですね。

ガラパゴスのどんなところに魅力を感じますか?

個々人の能力が非常に高く、職人気質な人が多いので、エキスパート集団なところです。また、時流に沿ったツールや働き方が採用されやすいのも最先端っぽくって気に入っています。

DIRECTOR

UX/UI DESIGNER

SERVER ENGINEER

APP ENGINEER

APP ENGINEER

TEST ENGINEER