イメージをCore Dataで管理すると変換が大変

イメージをCore Dataで管理すると変換が大変OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ビンゴ中西です。

Core Dataでイメージを管理することになると、
イメージをBinary Dataで保存することになると思いますが、これはObjective-C的にはNSData。
ユーザインタフェース的に使いたいのはUIImageとかUIImageView。

ということで NSDataからUIImageもしくはUIImageViewへの変更するソースがプロジェクトのいたるとこに出現することになります。
まあ変換自体短いコードなのですが、
http://engineerblog.glpgs.com/index.php/archives/48
みたいにカテゴリーを使ってもうちょっと便利になるようにしてみましょう。

NSDataをカテゴリで拡張

NSData to UIImageと、
NSData to UIImageViewするメソッドを生やしてやればよいですね。

使い方

こんな感じです。

photo credit: paul bica via photopin cc
<


この記事はあなたの役に立ちましたか?他の人達にも役立ちそうでしたら、上のボタンより共有をお願いします。共有して頂けたら今後提供する記事の参考やモチベーションアップにつながります。

Categorized: iOS