意外に知られていない?超便利なiOS Developer Enterprise Program

意外に知られていない?超便利なiOS Developer Enterprise Program

iOSアプリを作って公開する場合は通常、iOS Developer Programに参加して、アプリを作り、AppStoreに公開する。という手順が一般的です。社内だけでアプリを作り配布したいケースもあると思います。例えば自社内だけで使う業務用のツールなどのアプリです。そういった場合はiOS Developer Enterprise Programに参加することで、AppStoreを通さず、社内アプリを特定の人だけに配布することが出来ます。

iOS Developer Enterprise Programに参加をしなくても、AdHocという配布方法であればAppStoreに公開せずにアプリを配布することが出来るのですが、この方法はインストール予定のUDIDという端末識別子をアプリに埋め込まなくてはいけないため手間がかかります。またUDIDの登録自体は100個までなので主に公開前のテストで使われることが多いです。

iOS Developer Enterprise Program何が出来るのか

  1. AppStoreを通さずに、ネット経由でアプリを配布することが可能
  2. Appleの審査はなし
  3. インストール台数無制限

iOS Developer Enterprise Programを取得するためには何が必要か

iOS Developer Enterprise Programの申込みにはDUNS番号が必要です。DUNS番号はダンアンドブラッドストリートTSR株式会社が発行してるそうです。

iOS Developer Enterprise Programは年間参加費 24,800円になります。

申込みにあたってはDUNS番号(世界標準の企業識別コード)を取得している企業及び組織団体である必要があります。

DUNS番号は東京商工リサーチで取得可能。

DUNS番号がない企業は申請を行う必要があります。代金は、証明書の発行を含めて10,500円。登記簿謄本とオンラインフォームで必要事項を入力します。発行までの期間は、登記簿謄本到着後3営業日までに取得可能とのこと。

参考:DUNSコードの説明と取得:http://www.dnbtsr.com/duns_number

またエンタープライズプログラムは登録の申し込みから登録終了まで1ヶ月以上かかる場合がありますので出来るだけ余裕を持って申請を行った方がいいと思います。

iOS Developer Enterprise Programを取得する際の注意事項

アプリの配布対象はあくまでも自社の授業員あるいはその関連者に制限されること。つまり自社以外の組織の人への配布は禁止されています。

iOS Developer Enterprise Programの便利な使い方

自社でアプリを開発している場合は社内のテスト版の配布にiOS Developer Enterprise Programを使うと便利です。社内のテスト端末のUDIDを消費することなく配布できるため手軽です。開発・検証効率のUPにもつながると思います。

 


この記事はあなたの役に立ちましたか?他の人達にも役立ちそうでしたら、上のボタンより共有をお願いします。共有して頂けたら今後提供する記事の参考やモチベーションアップにつながります。