アプリのプロトタイプが超絶簡単に作れるiPhoneアプリ「POP」

アプリのプロトタイプが超絶簡単に作れるiPhoneアプリ「POP」

アプリ開発においてプロトタイプが重要なのは言うまでもありませんが実際にプログラムを書いてプロトタイプを作るのって結構大変な作業です。

今日ご紹介するのはプロトタイプを簡単に作れるサービスです。簡単に作れてスマートフォン上で実際のアプリに近い状態で動作するので後になって「やっぱりこの画面いらなくない」など開発後半で仕様が変更されることも少なくなると思います。

iPhoneアプリだけでプロトタイプが作れるアプリ「POP」

今日ご紹介するPOPは簡単にプロトタイプを作るためのアプリです。POPは、Prototype on Paperの略です。PC上でプロトタイプを作るサービスやアプリはいくつか見たことがあったのですが、アプリだけでここまでシンプルに実現したものは珍しいと思います。

 

1.アプリ画面デザイン(ワイヤーフレームなど)の画像をカメラで撮影することができます。

2.撮影した画像にリンクを付けるような感じでボタンを設置できます。

links

あとは実行ボタンを押せばあたかもアプリのように指定した箇所を押すと指定した画面が表示されます。切り替わり(エフェクト)の種類も幾つかあります。下からせり上がってくるエフェクトやスライドするようなエフェクトなども指定可能です。

アプリデザイナーの方には必須ツールでは?

アプリデザイナーの方はアプリのデザインを作ったら1枚画像を書きだしてiPhoneに送って「POP」で遷移を設定するとアプリの完成イメージが伝わりやすいと思います。

是非お試しください。


この記事はあなたの役に立ちましたか?他の人達にも役立ちそうでしたら、上のボタンより共有をお願いします。共有して頂けたら今後提供する記事の参考やモチベーションアップにつながります。