無料で作れる!アプリのティザーサイト作成サービス4つ

無料で作れる!アプリのティザーサイト作成サービス4つ

ティザーサイトとは

商品画像や情報を少しだけ見せて「じらす-tease-」ことで、見る人の興味を引くプロモーションサイトのことです。

自動車やゲーム機など、実商品がまだ公開できない場合や、好奇心をかき立てるプロモーションの一環として活用されています。

スマホアプリもティザーサイトを作成することが一般的になり、今回は無料で作成できるサービスをご紹介します。

多機能!本格的な事前登録サイトが作れる「ComingSooners」

リクルートメディアテクノロジーラボが提供するサービス、「ComingSooners」で事前登録サイトを促すティザーサイトを作ることができます。

アプリの公開前に作成しておき事前集客が出来るサービスです。登録してもらったメールアドレス宛にアプリリリースのお知らせを行い集客が行える仕組みになっています。

特徴としてはすごく多機能で細かい配慮が行き届いているサービスです。こちらはアプリに限らずなのでWEBサービスなどのティザーサイトも作成可能です。

Facebookページで作例を見ることができます。

似たような海外サービスとしては「launchrock」などがあります。

 数秒で完成!?超簡単ティザーサイト作成サービス「Limelight」

 

Limelightは海外発のサービスですが日本語対応しており、非常に使いやすいです。

公開されているアプリ名を入力すると半自動でティザーサイトが完成します。非常に簡単です。

有料版もあり、色々カスタマイズしたい人は有料版も有りだと思います。

デモ動画もあるようです。

おまけ!COMING SOON GENERATOR

COMING SOON GENERATORはたった8項目に入力するだけで、自動的にティザーサイトができちゃいます。

  1. サイトのURL
  2. サイト名
  3. ターゲット
  4. クライアント名
  5. タレント
  6. 来てほしいビジター数
  7. あなたの名前or所属
  8. どんなサイト?ひとことで

たったこれだけです。

仕上がりは「全米が泣いた!」というネタのようなのですが、ティザーサイトの雰囲気を手軽に味わうことができます。

 最後に

アプリをリリースする際は是非ともティザーサイトを作って下さい。

アプリの魅力などを効果的に伝えることができますし、アプリストアには掲載できない情報なども伝えることができます。

独自サイトを作れればそれに越したことはないですが時間のない人は上記サービスを使ってみるのもありだと思います。

参考になれば幸いです。


この記事はあなたの役に立ちましたか?他の人達にも役立ちそうでしたら、上のボタンより共有をお願いします。共有して頂けたら今後提供する記事の参考やモチベーションアップにつながります。