革命的なスマホ機能!ジオフェンス(Geofence)って知ってますか?

革命的なスマホ機能!ジオフェンス(Geofence)って知ってますか?

意識せずに位置情報を活用できるスマホ特有の機能

Geofence(ジオフェンス)とは仮想的な地理的境界線のことで、プライバシーの境界線を設定することができる機能です。

…と言っても小難しいので、つまりはこんなアプリに搭載されている機能だとイメージしていただけたらと思います。

Sweet Home

ご家庭をお持ちの男性によくあるシチュエーションで、奥さんに「夕飯の準備をしたいから、帰ってくる時間を知らせてほしいのに〜」と言われることがあります。

このアプリなら「帰るメール」をわざわざ送らなくても、初期設定をしておくだけで位置情報に合わせて自動送信してくれます。
しかも、アプリを起動する手間も操作も必要ありません。

キーワードは「エリア」と「プライバシー」

とはいえ、誰にでも情報が筒抜けになってしまうと困りますので、プライバシー設定をする必要があります。
位置情報を使った画像共有アプリでは、ジオタグ(位置情報タグ)を付加した写真に対して、地図上に円を描きプライバシー設定をします。

たとえば地図上に円を描き「大学の地図の周辺」を選択、公開設定を「学校の友人」とgeoプライバシー設定を選択します。そうするすることで、その場所で撮った写真は大学の友人以外から見えなくなります。

高いフェンスで囲って、特定の人のみが内部を見ることができるイメージです。

活用方法は無限!O2Oアプリのデフォルト機能に

このジオフェンス機能、結構前からスマホには搭載されているのですがアプリでの活用はあまり進んでいませんでした。

ですが最近はiOSのPassbookなどの登場によって注目され始めています。

これからのスマホアプリのトレンドの一つとして「意識しなくても有益な情報が得られる」という機能が増えてくると思います。

例えば、お店の近くを通ったらGeofence(ジオフェンス)に反応してお得なクーポンが送られてくるなどビジネス面でも非常に活用の幅が広がると思います。

ワクワクしますね!

 

photo credit: agoasi via photopin cc


この記事はあなたの役に立ちましたか?他の人達にも役立ちそうでしたら、上のボタンより共有をお願いします。共有して頂けたら今後提供する記事の参考やモチベーションアップにつながります。