米国では47%の企業がスマホアプリを提供中もしくは提供予定

米国では47%の企業がスマホアプリを提供中もしくは提供予定large_2136954043

ちょっと前の海外の記事ですが1 in 2 Marketers to Offer a Mobile App This Yearという米国のマーケティング担当者に対する調査の紹介です。
この調査によるとかなり多くの企業がスマートフォンアプリを作ろうと考えている事がわかります。

・アプリを提供中:27%
・現在は提供していないが2013年中に一つは提供予定:20%
・現在アプリを提供する計画はない:32%
・わからない:13%
・無効票:7%

ChiefMarketer-Mobile-App-Plans-July2013

アプリを作ろうとしている企業は主にユーザーとの関係性を強化する目的(69%)でアプリを作るそうです。

確かにアプリは一過性のキャンペーンとは違い、使い続けてもらえればユーザーとの関係は継続的かつ強いものにすることが可能です。

一方で作る予定はないと答えた企業の主な理由は「ユーザーにとっての価値が分からない(45%)」というのが多いようです。

もっと多くの企業がアプリを使ってビジネスの成功を実現して欲しいと思う今日此の頃です。

photo credit: lumaxart via photopin cc


この記事はあなたの役に立ちましたか?他の人達にも役立ちそうでしたら、上のボタンより共有をお願いします。共有して頂けたら今後提供する記事の参考やモチベーションアップにつながります。