Appストア申請時にリジェクトを避ける10のポイント

Appストア申請時にリジェクトを避ける10のポイントmedium_5368540507

一般向けiPhoneアプリの開発を進めていると必ず通らないといけない壁があります。
それは『Appストアへの申請』です。

最近では申請期間も短くなり、大分通過しやすくなった様ですが、それでもまだまだ突き返される(リジェクトされる)事も多々有ります。

そこで今回は、審査に通り易いアプリの考え方を書きたいと思います。

01.似ているアプリがすでにある場合は差別化を計る

ストアを見ると同じ様なアプリが多々有ると思いますが、実はそれぞれのアプリで個別の機能が入っていることが多いです。
例えばゲーム系では、キャラに特徴があったり、ステージの遷移が違うなど、他アプリとの差別化を計りましょう。

02.娯楽性・機能性を必ず持たせる

Appleがリジェクトする大きな理由の一つとしては「ストア自体のブランドイメージを下げない」という事です。
前項にもこれが該当します。
ここで言う娯楽性や機能性もユーザーから見て「これはゴミアプリだ」と思わせないための対応です。
Appleブランドに掲載できるクオリティを目指しましょう。

03.Appleのロゴや商品名などを模した内容や画像は避ける

Apple側としては、自社の商標がパロディ化されるのは、当然快く思わないでしょう。

04.Webではなく、アプリで作る意味がある

アプリ制作において「アプリであることの意味」は大切です。
ほとんどの機能がWebで再現できるならアプリは不要ですから。
ただし、Webで再現できる内容であっても、アプリであることの利便性が上回れば、それは価値があるとおもいます。

05.iPadの機能を再現した機能を搭載しない

iPhoneと違いは、iPadは4本指でタスク切り替えが可能だったりします。
そんな機能をもったアプリをiPhoneで作らないでね。ってことみたいです。

06.音量ボタンや消音スイッチを別の機能として作らない

単純に機能代替してはいけません。
付属のイヤフォンの音量ボタンなどは代替しているアプリが出ていますので、大丈夫かと思います。

07.ネットに接続出来ない時には必ず通知を出す

アプリ制作経験が少ない人は結構見落としがちです。
各画面でしっかり確認したいですね。

08.アプリ内容と申請カテゴリやキーワードを合致させる

インストール前のユーザーにとって、カテゴリやアプリ説明は重要です。
コチラが何を言いたいか?ではなく、ユーザーはどんな情報を知りたいか?を考えて書く事が重要です。
ここはASOにも通じる部分なので、説明文は過不足が無いように事前にしっかり準備をしておきましょう。

09.説明文で他プラットホームの紹介や誘導はしない

当然ですね。リジェクトによってリリースが遅れる可能性が出てきます。
例えAndroid版が出ていてもリリースを遅らせられない場合は記載しない方が懸命です。
とはいえ、上手くくぐり抜けているアプリも有る様ですが・・・。

10.アプリ名にデモ、体験版など、テスト版と思わせる表記はしない

Appleは、ユーザーに提供するアプリのクオリティや信頼を大切にしています。
「テスト版なので不具合はあります。」というのは通用しません。

最後に

決して悪意がなくてもリジェクトされることはよくあります。
大切なのは、
・グレーゾーンをグレーのまま進めない。
・誠実に 考案〜作成〜申請 を行う。
・リジェクトされても理由を納得してもらえれば通過する。
ということです。

photo credit: Steve Snodgrass via photopin cc


この記事はあなたの役に立ちましたか?他の人達にも役立ちそうでしたら、上のボタンより共有をお願いします。共有して頂けたら今後提供する記事の参考やモチベーションアップにつながります。